姫路人妻風俗と夫婦喧嘩

妻に私が風俗好きの変態ということがバレてしまった。いつもは上手く、姫路人妻風俗を楽しんでいたのだ。

貰った名刺は全て処分していたし、連絡先の交換もバレないようにしてこなかった。
しかし、あの日は酒でベロンベロンに酔っ払っていたせいで、名刺を捨てるのも忘れていたし、風俗嬢の香水ががっつりついた服で帰宅してしまったのだ。妻に一生懸命に言い訳をしてみる。

「私が風俗に入ったにはこれが初めてなんだ。上司からどうして一緒に行くぞと言われて断れなかったんだ。」
もちろん妻がそんな言い訳を聞いてくれるわけはない。浮気だ浮気だと騒ぎ出してしまった。そこで私もプツンと何かがキレてしまった。

「風俗に行って何が悪いんだよ!お前は白米と一緒なんだよ。毎日食べたいけどもオカズがほしくなるだろ!風俗嬢はオカズと一緒な訳だから全然浮気にはならないだろーが!!」

この言葉を聞いた妻は怒り爆発で家を飛び出していった。しかし私はこの程度で姫路人妻風俗に通うのは辞めない。