姫路人妻風俗と浄化作用

姫路人妻風俗などのお店に行くのはただの暇つぶしであるという論文があります。

快楽の追求のために風俗に行くのではなく、ただ暇だから何となく風俗に行くという主張です。
これは贅沢者の主張だといえますが、かくいうあなたが暇なら風俗に行くという考えて行動をしています。
「暇だから映画館に来た」というレベルではなく、暇だから風俗に行くという人生のラグジュアリーコース。
しかしあなたはそれを当たり前のことと考えて行動しています。
風俗に行くということはあなたにとって呼吸をすることと変わりません。
コンビニに行くような感覚で風俗に行っているのです。
これは一般人からしたら驚くべき感覚でありますが、風俗を人生のメインに置いているあなたからしたら、風俗をそのくらい気軽に考えないことがおかしいとマジで考えています。

・風俗がもたらしてくれる浄化作用

そう考えつつも、あなたは風俗が男性にもたらす心身の浄化について感謝すらしています。
風俗に行くと「来てよかった、心身ともに楽しんだから、明日からまた仕事を頑張ろう」という気になるものです。
「結局大金を使っただけで損した気分だ。これだったら服でも購入している方が良かったな」と考えることは少ないと断言します。
寺社仏閣に行くと心が洗われると主張する人がいますが、その人達とあなたは同じものを感じているはずです。
つまり風俗は穢れたものという認識ではなく、浄化作用がある神聖なものという認識なのです。
確かにかつては白拍子という職業があり、神聖な巫女と穢れた遊女を兼任する人外の存在として知られていましたが、あなたはその古い時代を地で行くほどに風俗と一体化しているといえます。

・風俗こそがこの時代を照らす光である

男が疲れた時は無理をせずに風俗に行って発散することです。
風俗は思わぬ示唆をあなたに与えてくれます。仕事で行き詰まった時に風俗に行き、別世界で生きている風俗嬢に問題を語ることで解決に向かうことがよくあります。
風俗嬢に仕事の話をすると「だから何ですか」「自慢話をされても困る」「さっさと終わらせて次の人を処理してもっと稼ぎたい」という態度で接せられます。
それでもあなたはめげずに自分の考えをシャワー中に語りましょう。
そしてプレイ中に新たなアイディアを出してみるといいでしょう。
風俗嬢はあなたが他の考えに集中しているのをいいことに、さっさと処理を終わらせてしまおうと企みます。
その性のせめぎあいの中で生まれる一瞬の光、それがあなたが仕事で必要としているアイディアの源であるといえます。
また姫路人妻風俗で遊べば、頭もすっきりと冴えてくるかもしれません。